障がい者雇用(採用)支援

■当社の支援の強み
・実習生の受入数  200人
・企業視察    延270社(全国各地)
 (障がい者雇用企業、就労継続A型事業所、就労移行支援事業所等)
・経理特化の障がい者職業訓練及び就職実績
  *受講生50人中25人就職(事務職及び経理補助職)就職率50%

■採用までの流れ
 1.採用準備で打合せ
 2.従業員告知と理解
 3.その後、初回打合せ
 4.業務分担内容検討、
 5.各部署からヒアリング
 6.日程や時間帯等を提案
 7.採用条件の打診
 8.実習生募集
 9.実習開始(初日のアテンド含)
 10.実習(約2ヶ月)
 11.採用検討
 12.採用伝達
 13.採用
 14.採用後の各種手続き
 15.採用後の助成金案内

■期間 
 3~6ケ月程度です。

■障害者雇用の意義
これから少子高齢化社会、人材採用の二極化、社員の平均年齢の若返り等の課題に対して、どう適応していくか、また、厚労省の法定雇用率達成、社会的責任を果たすため、増加している障がい者の雇用要請に答えるために、あらゆる角度で障がい者雇用は、行うことなのです。

この理由(少子高齢化社会等)のなかで、厚労省の法定雇用率達成等の義務感ではなく、障がい者の「素直さ」、「一生懸命さ」、「ひたむきさ」、「笑顔の良さ」等、障がい者を雇用することで起こる変化が「効用」であると考えています。当社や支援させて頂いた会社で起こった変化(効果)は下記のとおりです。

              記
ア)職場雰囲気が優しくなり、社内会話増えた。

イ)お客様資料を直取扱い責任感ある仕事を体験でき、責任を持ち取組むことができた。

ウ)精神障がい者の方の傾向は、頑張り過ぎたり、集中しすぎたりするため、会社側で体調や仕事確認を頻繁に声掛けし、配慮しつつ、仕事内容や意味を納得すれば、十分にその能力を発揮した。

エ)障がい者雇用枠でOJTを通じ、相互に教え合う、学びあう精神が醸成された。元々は、教える側の立場であったが、障がい者から教えて頂くことも多くあります。
 
オ)結果、人間的に成長できている実感を得られた。
 *外部の見学を積極的に受入れ、定期的にお会いする方にお言葉を掛けていただくと、社内的にも社外的にも自然に人間関係の良さが表れ、ファンが増える、紹介を頂く、好循環になります。

カ)障がい者の成長を社員一同願う、方向の一致及び同質化

キ)仕事の整理(客観的な視点と得意分野に集中することでの効率化)

■価格 税別50万円(1名以上採用になった場合)
 *上記1~14ですが業務開始時期の着手金税別25万円で、採用になった場合25万円ご請求させて頂いております。採用にならなかった場合は、25万円のみです。
 
障がい者雇用、採用、業務切り出し、定着で悩まれている企業人事様、

是非一度私達サポートケイにご相談ください。

私共スタッフがトータルサービスをモットーに全力で対応させて頂きます。

ページ上部へ戻る