障害者委託訓練説明会に参加しました。

CAM02042

24日(昨日)、東京しごと財団の25年度上期の障害者委託訓練の説明会に参加してきました。参加人数は、100名程度に思います。法定雇用率もアップし、企業にも浸透し始めてるし利用者数も増えているとのことです。数社知り合いの会社も説明会に参加されていました。

コースは、下記5ケあります。当社としては、3の「実践能力習得訓練コース」にしようと思います。

      記
 1.知識・技能習得訓練コース
 2.日本版デュアルシステム
 3.実践能力習得訓練コース
 4.e-ラーニングコース
 5.在職者訓練コース

この訓練を活用させていただくことで、以下の流れをつくることができ、定期的に採用できるようになってきたのでは、ないかと思います。どう採用したらよいか?困っていらっしゃる企業様や人事担当者の方は参考にされてみてはいかがでしょうか?

CAM02042

<育成及び雇用の流れ>
   説明会参加
     ↓
  実習受入申請・登録
     ↓
  委託訓練申請・登録
     ↓
    実習受入
     ↓
  支援機関との関係作り
     ↓
  支援機関・HWへ訪問
     ↓
  委託訓練者告知
     ↓
  委託訓練者募集
     ↓
  委託訓練開始
     ↓
  委託訓練完了
     ↓
雇用開始(2~3名(精神と発達)

手前味噌で恐縮ですが雇用までの流れができつつあり、当社も精神障がい者と発達障がい者の雇用スタート地点です。

スタートまで時間がかかりましたが、無い無いづくしで考えたのが功を奏したの、簿記指導者が70歳の税理士、64歳の経理のベテランさんがしっかりと行い、日商簿記3級に合格者2名輩出しました。

実務でも仕事のお願いの仕方により、スムーズにでき、支援機関さんと本人と当社で話をし、本人に1ケ月立っていかがですか?と話をしたとき、大丈夫です。と言って頂き、ホッとしました。その言葉が全て(信頼関係ができたという意味で)で、当社も安心しました。しかし、その関係が続けられるよう一層気を引き締めていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る