障害者の採用支援

障害者自立支援サイトトップ

私達サポートケイでは、精神・発達障害者雇用を真剣に
お考えの企業様、しかし、どのようにしたら良いかわからない、
企業様に対して企業と障がい者の「共存」「共栄」を目標に

相談→採用→運営→ノウハウ提供→人材紹介→助成金申請用職業紹介証明書発行→
定着支援まで

一気通貫支援のコンサルティングサービスをご提供しております。
(有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304851)

上記でも触れましたが、
私達は、今まで障害者の方々と上手く
「共存」「共栄」されている様々な業種の優良企業を
300社(そのうち障害者雇用及び就労支援企業200社)以上

実際に足を運び様々なケースをこの目で見て、聞き、感じてまいりました。

その様々な事例を徹底的に研究し、
蓄積されたデータと経験は、
企業様に対してその業態、業種に合った
的確なアドバイスをさせて頂くことに役立っています。

2013年4月に障害者自立支援法から
障害者総合支援法と改正され
企業に対する障害者雇用率の
引き上げ(1.8%⇒2%)で
企業の障害者雇用の義務はますます強くなり
受け入れ態勢の強化、社内環境の整備が求められています。

法令スケジュールを勘案すると

平成27年4月より、
「障害者雇用納付金制度」の対象事業主が拡大されます。
改正前は、対象雇用者数200人でした。
しかし、法改正により常時雇用する労働者数が
100人を超える事業主(法定雇用率未達成の場合)が対象になります。

平成30年4月より
精神障害者の雇用が義務化される事となり、法定雇用率の算出に
加える必要があります。

精神障害者雇用採用もCSRの観点、コンプライアンス遵守の観点
からも積極的に行っていかなければなりません。

精神障害者も算定計算に加えると
法定雇用率が2.3%
とも言われています。
現状達成できていない企業は全体の半数以上という状況です。
そこには、様々な問題点が存在しています。

しかし、これからの時代、企業の発展には、
障害者の方々との「共存」「共栄」が
結果、良い職場環境づくりのきっかけになる、
また、大きな割合を占めることを私達が
優良障害者雇用200社の取材を
重ねてきて実感してまいりました。

私達サポートケイは、障害者、企業双方の想いを重視し
精神・発達障害者雇用、定着支援、復職支援での環境整備をきっかけに良い
良い職場環境づくりのお手伝いを、また、「共存」「共栄」を実現できる
支援体制を整えております。

障害者の採用を真剣にお考えの企業関係各位様
是非一度私達サポートケイにご相談ください。
私共スタッフが全力で対応させて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る