ソフトバンクグループ SBフレームワークス株式会社の障害者雇用

CAM03127

SBフレームワークス株式会社の柏市にある物流センターに先々週行ってまいりました。
ソフトバンク コマース&サービス株式会社の100%子会社で、本社は、江東区青海、事業所は、青海、柏市、川崎、大阪、社員数125名(障害者構成は、知的11名(重度:1名)、身体障害:1名)の会社です。100%子会社ですので障害者雇用というと特例子会社を想像しますがSBフレームワークス株式会社は、直接雇用をされています。2011年10月千葉県「笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス」認定企業でもあります。
CAM03120

直接雇用のアルバイトが大勢いて、弊社の常用雇用数は約500人となり、法定雇用率2%で10人が障害者雇用数の目安ともされています。

柏事業所の業務は、以下3点あります。
・MBセンターs
 携帯電話のアンテナ等の、保守部品供給、緊急時対応部材等管理
・BBセンター
 NTT局社内機器の供給 等、
・デバイス出荷・返品センター
 ブロードバンド光通信機器の発送、返品受付(インターネット接続機器)

その中で、障害者の方が携わる作業内容は、
業務内容:通信機器(モデム)などの発送業務・返品処理業務
作業内容:部材の仕分け、梱包部材の事前準備、返品の仕分け、梱包
になります。

機械化をしていない理由は、技術革新で、どんどん規格や消費が変わる、その都度、機械を止めて、時間をかけ工程変更を行う担当の正社員に負担がかかるし、障害者が活躍しているので、このスタイルを継続していきたい。との会社の方針です。
CAM03130

視察日当日は、他の見学者(実習予定者と支援機関様)もお見えになられていて、どのように説明をされているかも一緒に拝聴させていただきました。
以下、説明中での資料です。

■4つの約束
1. 指示者の指示に従う。
2.わからないことはわからないという。
3.まわりに迷惑をかけない。
4.一生懸命に、仕事をする。
             約束が守れない人は、会社で働けません。

■企業はどうやって障害者を選定しているか?
・ハローワーク、特支卒業生、就労支援からの面接、実習、紹介
・身体、知的、発達、精神、誰を選びますか?
・選抜方法
   面接は、参考にしますが、決断はしません。
   プロフィールは、当てにならない。
    ◎職場では、初めての方ばかりで、皆さん知らない顔になります!
・実習での、職場とのマッチング
・父兄の姿勢、支援機関・学校のバックアップ

■実習で大切なこと
・時間を守る(出退勤状況)
  就業規則で規定(サラリーマンは時間を売る)
・元気な体力
  体力の裏付けのない、笑顔はない。良く寝て、よく食べて、出勤!
・素直な気持ち(対応力、積極性)
  家庭でリセットされる実習は勘弁。ご家族の応援よろしくお願いします。
                

■実習では
・初日は、慣れるだけ、立ってる練習
・指示を、きちんと聞くことができるか
・目を、合わせられるか
・作業を、言われた通りできるか
・ルール、時間を守れるか
・話しかけに、答えられるか
・周りに溶けこめるか
・意欲はあるか

■皆様に考えてもらいたいこと
・長所と短所 本人 保護者 支援者
・好きなもの、趣味 本人 保護者 支援者
・どんな仕事をしたいか、させたいか
・家庭で、どんな仕事をしてますか
・私は、○○のためなら、我慢はできます。
・親離れ、子離れしてますか
・自分で決められますか
・変わっていけますか

■働く上で大切なこと
・働く意欲は、好きなものから、大切にしたい人のため
・元気が一番、笑顔が一番。
・良く寝て、よく食べる、元気な体力。睡眠と食事が一番大切。

いかがでしょうか?障害特性というより「人」としての基本的な心構えを伝えていると感じます。優しく時には厳しく、でも笑顔あふれる現場で、支援者責任者の総務部 人材・採用 伍嶋善雄様の愛情を持って接しているのが印象に残ります。また、保護者や支援者学校等の言葉を抜けば、働く上で大切なエッセンスが詰まっていますね。

お昼を(2人)でご一緒させて頂いた際、平成30年の精神障害者算定義務化の話になりましたが、「突然休んだ場合の対応は悩ましい」とおっしゃっていました。精神の方の特性上、突然休まれることもあるので、事前にシフトを組んで、そのとおりに動くのが前提なので、交代は、ちょっと大変だな。という話をしていましたがまさにここがポイントで、他の企業様も同様かと思います。「突然休んだ場合の対応は悩ましい」と企業から相談を受けた場合、支援者の方はどうアドバイスされますでしょうか?企業では、病状の確認、本人への連絡、支援機関への連絡と企業でやることが増えて行きます。私は、別の方法で、こうしたらいかがでしょうか?と2~3案、話をさせて頂きましたがある程度納得はして頂いたが、実行段階で多少の不安要因が否めない印象を持ちました。やはり、対応を誰がやるか?ということに尽きるのでしょう。公的制度の一時的な支援では、それが終わったあとにどうするかが企業としては、悩ましいのかと思いますが早めに準備をして、企業内で対応できる体制を作っておくことが必要で、29年から、採用していては、体制が整わない可能性があるので、当社としては、まず1~2名(1名で孤立する可能性を感じたら2名が良いかもしれません)、採用してみて、社内で精神障害者が働いているのが当たりまえの文化を作っていくことが求められていると思います。

駅まで着くのに徒歩でしたが障害者の方はきついこともあるかもしれないけそ笑いもあるし、また行きたい通い続けたいと思っていて支援者のとの関係性もよく「障害者雇用ってやっぱりいいなあ」と思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る