精神障害者や発達障害者にIT技術開発者、CAD技術者の育成と就職を。

image

簿記(経理実務含)、IT開発、CADに特化した、職業訓練を行う予定でいます。

企業側の立場になると、コミュニケーションができ、かつ、実践的な簿記(経理実務含)、IT開発、CADができる人材ニーズは高かったもののそれが実現できていませんでした。

今までは、経理実践で2年間実績を積んでまいりましたが、就職者をさらに増やすべく、簿記(経理実務含)、IT開発、CADの3本立てで、1回の訓練コースで75%まで上げられるようなことができ、「精神障害者や発達障害者は、1人前の仕事ができる」ことを様々な方々に知っていただける機会が増えると思うので、ワクワクしております。
IT技術者でも転職に有利です。簿記がわかれば業務系システム開発での需要もまだまだありますし、ITでちょっと疲れたかな?と思った場合は、事務系(簿記や経理)でも仕事があるというのが最大の動機です。

・簿記訓練等職業訓練形式、IT開発者職業訓練形式
 →委託訓練実践経理と基礎経理の混合で、週に簿記や経理2~3回実施。数ヶ月~1年半の訓練期間企業との接触を多く増やす取組を行い、移行率70%、定着率60%の実績を積み上げます。
 →連携会社で行っている内容をそのまま実施。施設外就労や施設外支援を活用し、企業実習も体験できるよう配慮します。
 →就職先も連携先企業の仕事を受託し、そのまま就職が可能となります。
 →IT開発なので、全国どこでもインキュベーションルームがある県なら、県の協力も得られやすいと思うので、開発センター立ち上げて行きたいと考えています。
images

今週は、視察企業3社と過去1社まだ、記事をかけておらず、徐々に毎週土曜にアップしてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくおねがいします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る