予算の追加計上って、組織に属しているとそれ以上の要求活動は難しいのでしょうか?

1無題

今週は、精神・発達障害者雇用未来に向かい様々な出来事や打合せをさせて頂きました。
現状の大学側の動きや事情が理解が深まれば深まるほど、大学の精神・発達障害者の支援体制について課題が多いことに気づきます。

その課題の1例を上げさせて頂きます。

1.大学に所属する発達障害を有する学生の学校から社会への移行はやっと課題意識が大学の中に芽生えてきているという現状である。
2.文部科学省の高等教育課においても,彼らの学習保障をどうするかという点の課題に苦慮している。
3.学生自身の発達障害に関する理解(学生自身の自分への課題の気づき)が未熟なケースや学生自身の障害受容の課題が大きいものなど,これまでに特別支援学校でない通常の教育システムの中で見落とされてきたものが,大学になって環境変わり,学習面や対人面での問題や課題が吹き出すといった様相がある。
4.学生が信頼している教員からいかに某専門准教授(障害のある学生の支援を専門とする)担当者や当社につなげるか,またその担当者から保護者も含めてどのように現状の認識と支援を必要とすることに理解を促すかという点での学内での担当調整に時間と手間を要している。
5.多くの大学教員は「障害」ではということだけで,過度に怖がってしまい,そんな難しい問題に関わりたくないという姿勢の方も多く在職しているので,そういう姿勢の職員から情報をどのように救い上げて,必要とする学生支援につなげていくかということが非常に難しい。

上記を踏まえ、解決策として、福祉事業所と連携・活用すれば、もっと効果が上がるのではないかと思っております。以下は、福祉関連で交流させて頂いる先生に提案とご意見を伺う意味でメールをさせていただきました。

▼ある大学先生への依頼文の一部
———————————————————–
小生が大学側の(地域事情含め)事情をよく理解しておかけなければ、就職先等に困っている大学生や大学卒業後進路を見越して、組み立てにくく、御社を除く一般大学での修学・就労支援は、今まで何らか変わらないのでは?と小生自身は、強い危機感を持って取り組んでおります。
 *私個人的には、「公式」のもと、全国でこういう動きが出れば、
  他大学への広報スピードが早くなるし、御大学での評価もさらに
  高くなります。今までの移行支援等の仮想の仕事ではなく、実際の
  仕事での作業体験学習を実施すれば、研究内容の統計や経験データは、
  親交ある連携事業者(当社連合)であれば、すぐ取れ、論文も早く
  質の良い内容になるはずです。

■メリット
発達障害者就労支援で御大学と連携することで、障害者に慣れる場=働く体験を長く設ければ、基本的に就職できるスキルや人間性になり採用される確率が高くなります。

スキルが上がってくれば就労継続A型を事業開設し、雇用(採用)も可能ですし、仮想でなく、実際に賃金を支払っている仕事を数ヶ月間実施する長期間体験も可能で、当事者にとっても企業にとっても大学にとってもメリットがあります。

■目指すところ
それを障害者雇用優良企業A社及びB福祉事業所、御大学連合で繋ぎ、仕事を雇用を創造し、精神・発達障害者の就職率を向上させるという社会的責任を一緒に果たせて行ければ幸甚です。

■効果(企業と当事者)
現場で働く体験=会社で賃金を頂くということをリアルに体験学習できる場所があれば、当事者は、適度な緊張感をもってより深く働くこと「知る→慣れる→解る→できる」を認識できるようになり、動きが圧倒的に(当社の利用者は)変わって来ます。

出口部分の就職先企業とも連携のための全国に在する流通業と話を勧めており、就職先がその企業であれば、訓練のポイントや業務もやりやすいし、採用見込みが高いと生活訓練と移行支援に通所中でもモチベーションが高いままで、卒業できれば、企業から「採用条件はこの条件で」、「採用したい」、と言ってこられます。企業から声がかかる方は、就職はもちろん、定着(企業に受入や対応に差はあれ)もスムーズにできると感じます。

一方企業としては、企業も一定期間現場で訓練や体験に関わることで、障害者に慣れ、「この方採用したい」となれば、定着率も上がり、伴走的定着支援も1人に負荷が掛からないような取組になります。
———————————————————–

ある統計では、公的機関の障害者雇用率は進んでいるとの発表もありますが、一方で、厚労省が告発してる公的機関もある・・・。公的機関ということで一緒に考えては行けないのでしょうけれども、どうにも腑に落ちない感じになってしまいました。

このブログをご覧いただいた皆様、また、画像の統計表を分析された皆様は、どう思われましたでしょうか?
どの分野も深いですが、障害福祉分野もかなり、深いと最近かんじております。
でも、「人」として、その時々の課題を超一流の実行力を持って解決するとより深みも幅もできて来るのではないかと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る