精神障害者の雇用と自立に向けて

2014-07-07_154835

今週も自社情報で恐縮ですが、東京しごと財団の障害者雇用普及誌「いんくる」に掲載。完成17号(左記クリックすると詳細PDFで見れます)

「事」の経緯は、委託訓練実践コースを始める際、中小企業で、精神障害者の職業訓練を行っている会社は、皆無に等しいと伺っていました。

そういう意味では、坂本ゼミでの「実学」を実践できつつあると感じておりますが、「精神障害者」という枠組みで考えた場合、当社では、当社社員はじめ、東京しごと財団、就労支援機関、ハローワーク等、様々な支援機関にお世話になっており、心より感謝申し上げたいと思います。しかし、一方では、症状が発生し、一般就職や就労が何歩も遠い方は、まだまだ沢山いらっしゃいます。

H25.6月(国保連データより)現在、

精神障害者の就労継続A型利用者11,021人
精神障害者の就労継続B型利用者51,912人
精神障害者の就労移行支援利用者9,930人

で、精神障害者の総数は340万人(ひきこもりの方100万人含まず)いらっしゃるので、感謝の心を忘れずに微力ながら、できる事を精一杯取り組んで行く所存です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る