発達(精神)障害者の職業技能訓練がより必要な時代になって来た。

09_y氏アンケ結果

今週は、いささか自社ネタで恐縮ですが、発達(精神)障害者向け経理実践訓練がおかげ様で10回目を向かえます。

最終日に訓練生1人1人約15分~20分自分たちが学んで来たことをある資料をベースに発表して頂きます。

その様子を企業、支援機関、ハローワーク等に見て頂き、彼らの実力を見て頂きより多くの方により良い企業に就職して頂くための取り組みです。

当初は、受講生も少なく、細々と行っていたのですが、ここ数回は、五名~10名のお申込みや受講もあり、企業中心に本格的に外部の方に案内させて頂き、今回も約20名近くの方に参加頂きます。ちなみに開催日時は、7月27日月曜日13時からです。

開催のメリットとして以下があるかと思います。
1、 人前見ず知らずの方に自分をPRすることが面接の練習にも繋がる
2、 訓練中、訓練生同士で、科目分類及び判断、帳票の見方を共に相談しながら進めることで、コミュニケーション能力が格段に向上する
3、 発表内容もギリギリで決め、数回リハーサルはしますが、ほぼぶっつけ本番状態で発表を直接見ることで、支援機関等、支援者が訓練生の成長を実感できる
4、 企業も「ここまでできるんだ。」と健常者とほぼ同様の内容のプレゼンを直接見ることで、従来の仕事の役割を「戦力」として採用するきっかけになる
5、 支援者も他訓練生と成長度合いを比較し、反省点、良かった点を洗い出し、自社の支援内容を良くする、さらに磨くための見直すきっかけになる

以下、自社内容で恐縮ですが、成果発表のご案内をさせて頂きます。
画像は、前回発表会参加者のアンケート内容ですl。

———————————————————
経理実践に特化した精神・発達障害者職業訓練生の成果発表会(7/27(月))のご案内

拝啓 入梅の侯、御社におかれましては、ご活躍の事とお慶び申し上げます。
平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。
前回開催の5/27成果発表会は、16名の方(別紙詳細あり)にお越しいただき、発表後の感想として、

1.作業しながら発表すること、
2.数字からどのような会社なのか推測すること、
3.毎日参加できていること、
4.簿記の資格を取るための自信につながっていること

等頂きました。訓練内容が企業での経理事務に限りなく近いため、おおよそ即戦力(コミュニケーション力と技能力)として、お役に立てる部分もあり、人事等担当者の方にご来社頂き、直接ご覧頂ければ幸甚に存じます。

当社は、約2年程、今回で10回目の「中小企業及び大企業の経理事務知識及び実務の習得」コースである障害者職業訓練を東京しごと財団様より受託し、開催しております。当訓練生は、日商簿記3級及び2級合格の知識(取得予定者含め)を活かし、「帳票を判断でき、仕訳ができること」を中心に訓練し、判断が出来ない場合の対応方法も合わせて訓練してまいりました。

おかげ様で、支援機関経由、直接採用含め11名の方が特例子会社等の経理事務、経理補助、一般事務に就職をしました。
また、過去8回の卒業生では、特例子会社(精神障害者優良企業)にも就職が決まっております。

 *就職率(経理事務と一般事務のみの取り扱いですが)
45%(8回開催までの集計値)

「精神障害者や発達障害者でも1人前の仕事ができる」を合言葉に訓練生によるプレゼンテーションを下記日程で予定しておりますので、足をお運びいただきたく、今回下記のとおりご案内差し上げる次第でございます。

■開催日: 平成27年7月27日(月)(6/8開講分の終了日)
 *次回以降は、別途ご案内させていただきますが9/28を予定しております。

■発表内容等  損益計算書や会計ソフト入力操作の説明等で、当日、8名(予定)の訓練生が成果を発表いたします。戦力候補の障害者をご覧頂きたく、皆様お誘いあわせの上、お越し下さい。

■開催場所:〒103-0025 
中央区日本橋茅場町1-6-17十字屋証券ビル4F
  株式会社 サポートケイ 
  http://www.jiritsushien.com/top-page/company/
 地図は、右記のアドレス参照 http://urx.nu/jb9x 
茅場町駅10番出口より、出口先の交差点を左折し、50M右の1Fにタリーズコーヒーが入っているビルです。約徒歩1分です。

■当日のスケジュール
12:30受付開始
13:00スタート
15:40閉会
15:45質疑応答
16:15閉校式
16:30障害者個別面談や企業様個別打合せ   
         を予定しております。

■参加料 無料

■訓練カリキュラム
・安全衛生                   2時間
・コミュニケーション基礎          2時間
・商業簿記と伝票作成基礎           12時間
・会計ソフト入門及び会計ソフト帳票出力      8時間
・帳票起票・整理          32時間
・エクセル経理表作成        6時間
・ワード経理文書作成        2時間
・会計ソフトへの起票入力(試算表作成及び月次チェック)60時間
・振り返り         2時間
・成果発表         4時間

           合計           130時間

■成果目標
・帳票や会計ソフトを見て、「仕訳入力が出来ること」という当訓練での目標に加え、日商簿記3級もしくは日商簿記2級資格取得を目指し、実務と技能向上(求人票レベルまで)を図ります。
・実技での「会計ソフトへの入力(試算表作成及び月次チェック)」 は、当社顧客の現物の領収書、通帳、請求書(売上、仕入)、 給与明細等を見て勘定科目を判断し、仕訳入力し、経理事務での即戦力を目指します。

■訓練についての考え方や配慮事項
別途添付ファイルをご参照願います。12/2火曜 第22回職業リハビリテーション研究・実践発表会
で発表させていただいた内容です。
 http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/k22-annai2-1.pdf

■申し込み方法
お申込みはお手数ですが、以下、佐藤アドレス宛へ表題「7月27日(月)成果発表会ご参加」のメールをお送りくださいますようお願い申し上げます。 ccc@support-k.com

氏名 所属 :
参加動機  :
期待ごと  :
訓練のご見学も随時承っております。御不明な点等ございましたら、何なりとお尋ねください。見学の上限は15名程度でございますが、皆様、お誘いあわせの上、お越し下さい。

また、この内容も、障害者雇用関係者、企業担当者、学校、保護者の方々等、ご周知いただければ幸甚です。
今後のご活躍、ご健勝も重ねて祈念申し上げます。

09_K氏アンケ結果

09_S氏アンケ結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る