ある企業からの精神障がい者との関わり方の相談について

100457

今週は、見学の受け入れや、お世話になっております就労支援機関の勉強会参加など大変充実した日々でもあったのですが、一方で、「切実」な悩みを抱えている企業様の相談も頂きました。

特に精神障がい者には、負荷がかかり過ぎても行けないですし、逆すぎても緊張感や生産性という観点でバランスをどう取るか?がとても悩ましいところです。相談企業様は、中小企業(小規模な企業)で一部公開(許可取らせていただきました)させていただきます。

当事者本人は、100%行っているとは思いますが、会社も生産活動(少しの黒字化)を行うために個人個人の成長を期待し願うことも事実です。

意見や視点でのズレが起こる要因は、
・年齢的なこと
・本人の成長度合のこと
・会社の成長度合のこと
・職場での人間関係のこと
・私生活のこと

が考えられると思います。

私生活のことは、障がい者の方と良い関係性が出来ていないとなかなか企業側の方は、感じているのではないでしょうか?

相談いただいている企業は、精神障がい者が事務の仕事を行っています。
しかし、比較はしてはいけんないんだが。という前置きがあって、積極性や取組姿勢が仕事面で、彼の進捗の遅れ原因になっているのではないか?という相談で、原因ををはっきりさせないといけないし、それにもとづいて改善していかなければならないのも話し合いの要素にはなります。

無題

点線以下が、相談内容といいますか、こういうことを伝えたいという内容でした。

——————————————————————-
他当事者と業務内容や進め方で、自主性という意味では明らかに積極的でないのは事実ですね。それは、彼らがやっている業務内容の差、健常者スタッフの信頼度で測れます。

■求める人材像は、
・「あること」をできるようになること
 *期間は敢えて名言しないが、現状出来ないから、教えてもらえないから?焦りもあるかもしれないです。でも「教えてもらえないから?」は、私の中では、それが続くと不可です。仕事は自分から動く(受け身は不可)ように伝えております。

・休まないこと
 *今週は、雪の影響もあったか3日お休み。
 *休むと仕事を任せられない。とも伝え、休みがちになると、周囲も管理しずらくなり、仕事を任せず、悪循環に陥ってしまうとも。

・自分で考えて動くこともしくは相談できること
 *朝礼で1人1人今日の自分の仕事を皆の前で言うのですが「何があれば」ということは不可で、業務の勉強していないまた、覚えたいという気がないと捉えられてしまうことがある。
 *これこれしかじかですので、これで良いですか?こういう理由でこうしたい。が考える行動、意欲ある姿勢と見えるのではないか?と。
 *業務が納期等あり不安である。等、自分の意見を言うこと。
 *要は、黙っていては会社が理解できない。ということです。

・キャリア形成をどう考え、どう行っていくか?
 *本人が昼に眠くなることがあること?改善出来ていないことが統合失調症の症状が影響していれば、当社では薬の管理や睡眠管理はほぼ自分任せですし、業務内に個別に教えることが現状人手不足で、時間が取れていないです。 
 *業務外で自主参加の勉強会も方法はあるが、Aさん以外の当事者もOKするかは、まだ確認とっていないです。 
 *個人的には、土曜日個人的な勉強で、教えるには、全然良いのですが・・・。

——————————————————————-

事務系といっても広範囲で、営業系、総務人事系、経理系の業務分類と輸出入系、物流系、派遣系等業種系では分けられると思いますが、雇用継続していくうえで、どうキャリア形成していくか?モチベーションをどう維持向上していくか。

解決策は、
1.事例を伺うこと、実際の会社現場を見に行くことが7割~8割
2.残りが2割制度学習や研修かな?と思います。

その会社さんも本人と対話が少なかったと言っていますので、もう少し話をすることで1ケ月ごとに15分程度でも(普段は毎日昼休み含め数回は、声掛けはしている)話をされるそうです。

病状が原因で、進捗が遅れているのか、仕事の進め方が悪くて進捗が遅れているのかがなかなか見極め解決策が見当たらないと悩まれていました。

支援者の方は、どう解決されますか?是非ご意見を賜りたいとも思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る