経理実践に特化した発達障害者等職業訓練生の成果発表会(5/27)のご案内

CAM03801

本日は、当社でもようやく、外部の方に見て頂けるだけの内容になったのかな?と思います。
視察される側、受け入れる側にとっても見学会や視察会は良いと思いますので、ご参考になれば幸いです。

拝啓 春爛漫の侯、皆様におかれましては、ご活躍の事とお慶び
申し上げます。
平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。

約2年程、精神障害者及び発達障害者向けに
簿記の基礎及び実践実務の職業訓練を東京しごと財団様の
障害者委託訓練を受託し、開催しております。

当訓練生は、日商簿記2級を合格し、簿記の知識を活かし、
帳票を知る、読取る、慣れる、解る、判断でき仕訳できることを
中心に訓練し、判断が出来ない場合の対応方法も合わせて
訓練してまいりました。おかげ様で、支援機関経由、
直接採用含め5名の方が特例子会社等の経理事務、経理補助、
一般事務に就職をしました。

訓練生の皆様には、「実際の帳票を見て、会社で行っている経理が
解る」とご好評を頂き、真摯に課題に取り組み、毎日休まず出席して、
学ばれていて、我々も障害者の方から、学習させて頂き、更に精進
しなければと感じております。

「精神障害者発達障害者でも1人前の仕事ができる」を合言葉に、
訓練生によるプレゼンテーションを下記日程で予定しておりますので、
足をお運びいただきたく、今回ご案内差し上げる次第でございます。

当日は、5名の訓練生が日頃の訓練成果を発表いたします。

上限は20名でございますが、戦力となる障害者を拝見頂きたく、
皆様、お誘いあわせの上、お越し下さい。

また、この内容も、障害者雇用関係の方々、企業の方々、
学校の方々、保護者の方々等、ご周知いただければ幸甚です。
________________________

■開催日: 5月27日(水) (4/8開講分の終了日)
 *次回以降は、別途ご案内させていただきますが
   7/27、9/28を予定しております。

■発表内容
 損益計算書や会計ソフト入力操作の説明等

■当日のスケジュール
13:30 受付開始
14:00 スタート
15:40 閉会
15:45 校式
16:00 障害者個別面談や企業様個別打合せ

を予定しております。

■訓練カリキュラム
・安全衛生              2時間
・コミュニケーション基礎      2時間
・商業簿記と伝票作成基礎      12時間
・会計ソフト入門及び会計ソフト帳票出力 8時間
・帳票起票・整理      32時間
・エクセル経理表作成 6時間
・ワード経理文書作成 2時間
・会計ソフトへの起票入力  60時間
 (試算表作成及び月次決算チェック)
・振り返り 2時間
・成果発表   4時間
 
          合計     130時間

■成果目標
・帳票や会計ソフトを見て、仕訳入力が出来ることが当訓練での
目標です。加えて、日商簿記3級もしくは2級取得を目指し、
実務と技能向上を実行する。
・実技での「会計ソフトへの起票入力(試算表作成及び
月次決算チェック)」は、当社顧客の現物の領収書、通帳、請求書等を
見て勘定科目を判断し、仕訳入力し、即戦力を目指す。

■訓練についての考え方や配慮事項
別途添付ファイルをご参照願います。
12/2火曜 第22回職業リハビリテーション研究・実践発表会
で発表させていただいた内容です。
http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/k22-annai2-1.pdf
CAM03806

訓練のご見学も随時承っております。
御不明な点等ございましたら、何なりとお尋ねください。
_________________________

今後のご活躍、ご健勝も重ねて祈念申し上げます。

                          敬具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る